Average

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.3 (Modified)


Average (series) 数値

引数説明
seriesフィールド平均を求めるデータ
戻り値数値seriesの平均値

説明

Average は、seriesの平均値を返します。seriesがインデックスフィ−ルドの場合には、平均値を求めるためにインデックスが使用されます。

このコマンドが正しく実行されると、OKシステム変数は1に設定されます。ユーザが進捗サーモメータの停止ボタンをクリックするなどして処理が中断されると、OK変数は0に設定されます。

例題

以下の例は、出力フォームのB0ブレークエリアにある変数vAverageに値を代入します。このコードは変数vAverageのオブジェクトメソッドです。オブジェクトメソッドは、レベル0のブレークが発生したときに実行されます:

    vAverage := Average ([Employees] Salary)

以下のメソッドは、ブレーク処理をアクティブにしてセレクション内のレコードを印刷するために呼び出されます:

   ALL RECORDS ([Employees]) 
   ORDER BY ([Employees];[Employees]LastNm;>) 
   BREAK LEVEL (1) 
   ACCUMULATE ([Employees]Salary) 
   OUTPUT FORM ([Employees];"PrintForm") 
   PRINT SELECTION ([Employees])

Note: BREAK LEVELコマンドの引数は、印刷するレポートのブレーク数と同じ数でなければなりません。ブレーク処理に関する詳細は印刷コマンドを参照してください。

参照

ACCUMULATE, BREAK LEVEL, Max, Min, ORDER BY, PRINT SELECTION, Subtotal, Sum.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次