String

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


String (expression{; format}) 文字列

引数説明
expression文字列式を返したい式
(実数、整数、倍長整数、日付、時間、文字列、
テキスト、ブールを指定可能)
format文字列 | 数値表示フォーマット
戻り値文字列式の文字列式

説明

stringコマンドは、expressionに渡した数値、日付、時間、文字列、またはブールを文字列に変換します。

オプションのformatを指定しない場合、適当なデフォルトの形式で文字列が返されます。formatを指定すると、結果の文字列は指定した形式になります。

数値式

expressionが数値(実数、整数、倍長整数)である場合、オプションで文字列フォーマットを渡すことができます。次に例を示します。

例題結果
String(2^15) `デフォルトフォーマットを使用32768 (Default format used here)
String(2^15;"###,##0 Inhabitants")32,768 Inhabitants
String(1/3;"##0.00000")0.33333
String(1/3) `デフォルトフォーマットを使用0.3333333333333330000 (Default format used here)
String(Arctan(1)*4)3.141592653589790000 (Default format used here)
String(Arctan(1)*4;"##0.00")3.14
String(-1;"&x")0xFFFFFFFF
String(-1;"&$")$FFFFFFFF
String(0 ?+ 7;"&x")0x0080
String(0 ?+ 7;"&$")$80
String(0 ?+ 14;"&x")0x4000
String(0 ?+ 14;"&$")$4000
String(Num(1=1);"True;;False")True
String(Num(1=2);"True;;False")False

フォーマットは、フォームの数値フォーマットと同じ方法で指定します。詳細は、4D Design Referenceマニュアルを参照してください。カスタムフォーマットの書式名をformatに渡すことができます。カスタムフォーマットの名前は“|”で始めなければなりません。

日付式

expressionが日付の場合、デフォルトフォ−マット(YY.MM.DD)を使用して文字列が返されます。format 引数には、以下の表に示す定数のいづれか1つを渡すことができます ("Date Display Formats" テーマ) 。

フォーマット 名称 例題
1 System date short 12/29/2006
2 System date abbreviated Sun, Dec 29, 2006
3 System date long Sunday, December 29, 2006
4 Internal date short special12/29/06 or 12/29/1896 または12/29/2096
5 Internal date long December 29, 2006
6 Internal date abbreviated Dec 29, 2006
7Internal date short12/29/2006
8ISO date2006-12-29T00:00:00
100Blank if null0の代わりに""

Notes:

ISO DateフォーマットはISO8601に合致する標準フォーマットです。このフォーマットには、日付と時間が含まれます。例えば、「2006/5/31 PM1:20」は、「2006-05-31T13:20:00」となります。これらはXMLの処理やWebサービスで使用されます。4Dは、単体のフィールドに日付と時間を入れることをサポートしていません。しかしながら、Stringコマンドは日付に対してこのフォーマットを扱うことができます。

Blank if null定数はフォーマットに他のフォーマットに加算して使用しなければなりません。追加することにより、Null値の場合、4Dは0の代わりに空の文字列を返します。

以下は今日が2006/12/29の場合の例です。

   $vsResult:=String(Current date)   ` $vsResultは"12/29/06"
   $vsResult:=String(Current date;Internal date long)   ` $vsResultは"December 29, 2006"
   $vsResult:=String(Current date;ISO Date)   ` $vsResultは"2006-12-29T00:00:00"

時間式

expressionが時間の場合、デフォルトフォ−マット(HH:MM:SS)を使用して文字列が返されます。format 引数には、以下の表に示す定数のいづれか1つを渡すことができます ("Time Display Formats" テーマ) 。

フォーマット 名称例題
1 HH:MM:SS 01:02:03
2 HH:MM 01:02
3 Hour Min Sec 1時2分3秒
4 Hour Min 1時2分
5 HH MM AM PM 1:02 AM
6 MM SS62:03
7Min Sec62分3秒
8ISO Time0000-00-00T01:02:03
9System Time short01:02:03
10System Time long abbreviated1:02:03 AM (Macのみ)
11System Time long1:02:03 AM HNEC (Macのみ)
100Blank if null0の代わりに""

Notes:

ISO Dateフォーマットについての詳細は、上記のNotesを参照してください。

Blank if null定数はフォーマットに他のフォーマットに加算して使用しなければなりません。追加することにより、Null値の場合、4Dは0の代わりに空の文字列を返します。

以下の例は、現在時刻が5:30 PM45秒であるものとします。

   $vsResult:=String(Current time)   ` $vsResultは"17:30:45"
   $vsResult:=String(Current time;Hour Min Sec)   ` $vsResultは"17時30分45秒"

文字列式

expressionが文字列またはテキスト型の場合、コマンドは引数に渡した値と同じ値を返します。これは特にポインタを使用している汎用プログラミングで有効です。

この場合、format引数は渡されても無視されます。

ブール式

expressionがブール 型の場合、コマンドはアプリケーションのランゲージに文字列 "True" または"False"を返します(例えば、4Dのフランス語バージョンでは、“Vrai”または“Faux”)。

この場合、format引数は渡されても無視されます。

参照

Date, Num, Time string.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次