Substring

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Substring (source; firstChar{; numChars}) 文字列

引数説明
source文字列一部を取り出す文字列
firstChar数値最初の文字位置
numChars数値取り出す文字列の長さ(バイト)
戻り値文字列文字列の一部

説明

Substringコマンドは、firstCharnumCharsで指定した部分文字列をsourceから取り出して返します。

firstCharには文字列の中で取り出す文字列の最初の文字の位置を指定し、numCharsには取り出す文字列の長さを指定します。

firstCharnumCharsの和が、文字列自身の文字数よりも大きい場合やnumCharsを指定しない場合には、先頭文字位置以降の文字列をすべて取り出します。firstCharが文字列の長さより大きいと、Substring関数は空の文字列("") を返します。

例題

1. Substringコマンドの使用例を次に示します。結果を変数 vsResultに代入します。コメントは、変数 vsResultに代入される内容についての説明です。

   vsResult := Substring ("08/04/62"; 4; 2)  ` vsResultは"04" 
   vsResult := Substring ("Emergency"; 1; 6)  ` vsResultは"Emerge" 
   vsResult := Substring (var; 2)  `vsResult は一文字目を除いた全

2. 以下のプロジェクトメソッドは、テキスト(最初の引数で指定) 中に見つかった段落を文字列またはテキスト配列(2番目の引数としてポインタを渡す) に追加します。

      ` EXTRACT PARAGRAPHS
      ` EXTRACT PARAGRAPHS ( text ; Pointer )
      ` EXTRACT PARAGRAPHS ( Text to parse ; -> 文字列配列 )

   C_TEXT ($1)
   C_POINTER ($2)

   $vlElem:=Size of array($2->)
   Repeat
      $vlElem:=$vlElem+1
      INSERT IN ARRAY($2->;$vlElem)
      $vlPos:=Position(Char(Carriage return);$1)
      If ($vlPos>0)
         $2->{$vlElem}:=Substring($1;1;$vlPos-1)
         $1:=Substring($1;$vlPos+1)
      Else
         $2->{$vlElem}:=$1
      End if
   Until ($1="")

参照

Position.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次