End subselection

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


End subselection (subtable) ブール

引数説明
subtableサブテーブルサブレコードのポインタがサブレコードセレクション
より後にあるかをテストするサブテーブル
戻り値ブールYes (TRUE)またはNo (FALSE)

互換性に関するメモ: バージョン11以降の4Dはサブテーブルをサポートしていません。互換性メカニズムは、変換されたデータベースでコマンドの機能を保護しますが、すべてのサブテーブルをリレートする標準的なテーブルに取り替えることを強くお勧めします。

説明

カレントサブレコードのポインタがsubtableの最後のカレントサブレコードセレクションの後にある場合、End subselectionはTrueを返します。End subselectionを使用して、NEXT SUBRECORDがポインタを最後のサブレコードの後ろに移動させたかどうかを確認します。カレントサブセレクションが空の場合、End subselection はTrueを返します。

例題

以下は、ボタンのオブジェクトメソッドの使用例です。ボタンをクリックすると、ポインタは次のサブレコードへ移動します。ポインタが最後のサブレコードの後にある場合、ポインタは最初のサブレコードへ移動します。

   NEXT SUBRECORD ([People]Children)   `次のサブレコードへ移動 
   If (End subselection ([People]Children))   `行き過ぎたら...
      FIRST SUBRECORD ([People]Children)   `最初のサブレコードへ移動 
   End if

参照

NEXT SUBRECORD.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次