OLD RELATED ONE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


OLD RELATED ONE (aField)

引数説明
aFieldフィールドnフィールド

説明

OLD RELATED ONEは、リレーションを実行する際にaFieldの古い値を使用することを除き、RELATE ONEと同じ処理を行います。

Note: OLD RELATED ONEOld関数により返される、nフィールドの古い値を使用します。詳細はOld関数の説明を参照してください。

OLD RELATED ONEは、更新前のカレントレコードの内容にリレートしたレコードをロードし、そのリレートレコードにアクセスできるようにします。この更新前の関連レコードを修正し、保存したい場合には、SAVE RELATED ONEコマンドを使用する必要があります。新しく作成されたレコ−ドは、更新前の関連するレコ−ドを持たないという点に注意してください。

参照

Old, OLD RELATED MANY, RELATE ONE, SAVE RELATED ONE.

システム変数およびセット

コマンドが正しく実行されリレートされたレコードがロードされると、OKシステム変数に1が設定されます。ユーザが (リレートされたレコードが更新されたときに表示される) レコード選択ダイアログボックスでキャンセルをクリックすると、OK変数は0に設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次