FIRST RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


FIRST RECORD {(table)}

引数説明
tableテーブルセレクションの先頭をカレントレコードにするテーブル
または省略時デフォルトテーブル

説明

FIRST RECORDは、tableのカレントセレクションの先頭レコードをディスクからロードし、カレントレコードに設定します。すべての検索、選択、ソートコマンドも先頭のレコードをカレントレコードに設定します。カレントセレクションが存在しない場合や、カレントレコードが既にセレクションの最初のレコードである場合、FIRST RECORDは何も行いません。

このコマンドはUSE SETコマンドの後で、レコードセレクションを最初のレコードからループする際によく使用されます。しかし、カレントレコードが実際に先頭のレコードであるかどうかが確かではない場合にも呼び出すことができます。

例題

以下の例は、[Customers]テーブルの最初のレコ−ドをカレントレコ−ドにします:

   FIRST RECORD ([Customers])

参照

Before selection, End selection, LAST RECORD, NEXT RECORD, PREVIOUS RECORD.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次