SAVE RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


SAVE RECORD {(table)}

引数説明
tableテーブルカレントレコードを保存するテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル

説明

SAVE RECORDは、カレントプロセスのtableのカレントレコードを保存します。カレントレコードが存在しない場合、SAVE RECORDは何も行いません。

SAVE RECORDは、プログラムコードを使って新しく作成または修正したレコードを保存するために使用します。フォームでユーザが修正し確定したレコードは、SAVE RECORDで保存する必要はありません。ユーザによってフォーム中で修正されたレコードがキャンセルされた場合でも、SAVE RECORDで保存することができます。

SAVE RECORDが必要とされる場合を次に示します:

CREATE RECORDDUPLICATE RECORDで作成した新しいレコードを保存する場合

RECEIVE RECORDで取得したレコードを保存する場合

・メソッドによって修正したレコードを保存する場合

ADD SUBRECORDCREATE SUBRECORDMODIFY SUBRECORDによって作成または修正したサブレコードを含むレコード保存する場合

・カレントレコードを変更するようなコマンドを実行する前に、データ入力途中で表示されているレコードを保存する場合

・データ入力途中でカレントレコードを保存する場合

受け入れられたフォームのOn ValidateイベントでSSAVE RECORDを実行してはいけません。もし、これを実行すると、レコードが2回保存されてしまいます。

例題

以下の例はドキュメントからレコードを読み込むメソッドの一部です。このコードはレコードを受信し、この後受信が正常に行われると、レコードを保存します:

   RECEIVE RECORD ([Customers])  ` ディスクからレコードを受信
   If (OK= 1)  ` レコードを正しく受信したら… 
      SAVE RECORD ([Customers])  ` 保存する
   End if

参照

CREATE RECORD, Locked, トリガ.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次