OUTPUT FORM

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


OUTPUT FORM ({aTable; }form{; userForm})

引数説明
aTableテーブル出力フォームを設定するテーブル, または
省略した場合、デフォルトテーブル
form文字列フォーム名
userForm文字列使用するユーザフォーム名

説明

OUTPUT FORM コマンドコマンドは、formまたはuserFormaTableのカレント出力フォームとして設定します。このフォームはaTableに属するものでなければなりません。

このコマンドのスコープはカレントプロセスです。各テーブルはプロセスごとに出力フォームを持っています。

Note: 構造的な理由から、このコマンドはプロジェクトフォームと互換がありません。プロジェクトフォームをformに渡しても、コマンドは何も行いません。

OUTPUT FORM はフォームを表示しません。データ印刷や表示、他のコマンドで使用するフォームを指定するだけです。フォームの作成に関する詳細は4D Design Referenceマニュアルを参照してください。

デフォルト出力フォームはテーブルごとにエクスプローラウィンドウで指定します。このデフォルト出力フォームは、OUTPUT FORMコマンドで出力フォームを指定しない場合や、指定したフォームが存在しない場合に使用されます。

任意の引数userForm を使用して、(formを基に作成された) ユーザフォームをデフォルトの出力フォームとして設定することができます。有効なユーザフォーム名を渡すと、カレントプロセスの出力フォームに代わり、このフォームがデフォルトとして使用されます。これにより、(CREATE USER FORMコマンドで生成された) 複数の異なるカスタムユーザフォームを同時に使用できるようになり、現在の状況で適切なフォームを使用することができます。

ユーザフォームに関する詳細は、ユーザフォームの概要の節を参照してください。

出力フォームは3つのコマンドグループ(画面上にレコードをリスト表示するグループ、レポートを作成するグループ、データを書き出すグループ)で使用されます。DISPLAY SELECTIONMODIFY SELECTIONコマンドは、出力フォームを使用してレコードのリストを表示します。PRINT LABELPRINT SELECTIONコマンドを使用してレポートを作成する際にも出力フォームを使用します。各データ書き出しコマンド(EXPORT DIF, EXPORT SYLK そして EXPORT TEXT)でも出力フォームを使用します。

例題

以下の例は、OUTPUT FORMコマンドの典型的な使用方法です。この例では、OUTPUT FORMコマンドを出力フォームが使用される直前に記述していますが、直前である必要はありません。実際、このOUTPUT FORMコマンドがこのメソッドの前に同じプロセス内で実行されていれば、このコマンドを全く別のメソッドで実行しても構いません:

   INPUT FORM ([Parts]; "Parts In")  ` 入力フォームを設定 
   OUTPUT FORM ([Parts]; "Parts List")  ` 出力フォームを設定 
   MODIFY SELECTION ([Parts])  ` このコマンドは両フォームを使用する

参照

CREATE USER FORM, DISPLAY SELECTION, EXPORT DIF, EXPORT SYLK, EXPORT TEXT, INPUT FORM, MODIFY SELECTION, PRINT LABEL, PRINT SELECTION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次