MODIFY RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


MODIFY RECORD ({table}{; }{*})

引数説明
tableテーブルデータ入力に使用するテーブル, または
省略した場合デフォルトテーブル
*スクロールバーを隠す

説明

MODIFY RECORDコマンドは、tableテーブルまたはtable引数を省略した場合デフォルトテーブルのカレントレコードを修正するために使用します。MODIFY RECORDは、カレントプロセスにレコードがまだロードされていない場合にレコードをロードし、カレント入力フォームにレコードを表示します。カレントレコードがなければ、MODIFY RECORDは何も行いません。またMODIFY RECORDはカレントセレクションに影響を与えません。

フォームは現在のプロセスの最前面ウインドウに表示されます。ウインドウにはスクロールバーとサイズボックスがあります。オプションの * 引数を指定すると、スクロールバーやサイズボックスのないウインドウを表示します。

MODIFY RECORDを使用するには、必ずカレントレコ−ドは読み込み/書き込み可能であり、ロックされていてはいけません。フォームにカレントセレクションのレコード内を移動するためのボタンがある場合、ユーザはこれらのボタンをクリックして、レコードを修正した後、他のレコードへ移動することができます。

ユーザが保存ボタンをクリック、またはenterキーを押す、またはACCEPTコマンドが実行されると、レコードが保存されます。

ユーザがキャンセルボタンをクリック、またはキャンセルキーコンビネーション (WindowsではCtrl-ピリオド、Mac OSではCommand-ピリオド) を押す、またはCANCELコマンドが実行されると、レコードは保存されません。キャンセルされた場合でもレコードはメモリ上に残されていて、カレントレコードポインタが変更される前にSAVE RECORDを実行すれば、レコードを保存できます。

MODIFY RECORDの呼び出し後、システム変数OKにはレコードが受け入れられると1が、キャンセルされると0が設定されます。

MODIFY RECORDを使用したが、ユーザがレコードのデータを変更しなかった場合、レコードは更新されたとは扱われず、レコードを受け入れても保存処理は行われません。変数の変更、チェックボックスのチェック、ラジオボタンの選択はレコードの更新とはみなされません。データ入力またはメソッドでフィールドデータの更新が行われた場合のみ、レコードの保存が実行されます。

例題

ADD RECORDコマンドの例題参照。

参照

ADD RECORD, Locked, Modified record, READ WRITE, UNLOAD RECORD.

システム変数またはセット

レコードが受け入れらると、システム変数OKに1を代入します。キャンセルされた場合は、システム変数OKに0を代入します。OKシステム変数はレコードが受け入れられたかキャンセルされた後に設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次