DELETE RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


DELETE RECORD {(テーブル)}

引数説明
テーブルテーブルカレントレコードを削除するテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル

説明

DELETE RECORDは、tableのカレントレコードを削除します。プロセスにtableのカレントレコードが存在しない場合、DELETE RECORDコマンドは何も行いません。フォーム中では、このコマンドの代わりにレコード削除アクションを持つボタンを作成することができます。

Note: DELETE RECORDコマンドの実行前に、カレントレコードがメモリ上からアンロードにされている場合 (例えばUNLOAD RECORDコマンドの実行等)、削除実行後カレントセレクションは空になります。

レコードの削除は、一度実行すると元に戻すことはできません。

レコードが削除されると、そのレコード番号は新しいレコードが作成される際に再利用されます。したがって、データベースからレコードを削除することがある場合は、レコード番号をレコードの識別に使用しないでください。

例題

以下の例は1件の[employee]レコードを削除します。まずユーザにどのemployeeレコードを削除するのかを尋ね、[employee]レコードを検索し、見つかったレコードを削除します:

   vFind := Request ("Employee ID to delete:")  ` 従業員IDを要求 
   If (OK = 1) 
      QUERY ([Employee]; [Employee]ID = vFind)  ` 従業員を検索
      DELETE RECORD ([Employee])  ` 従業員を削除 
   End if

参照

Locked, トリガ.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次