CREATE RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


CREATE RECORD {(table)}

引数説明
tableテーブル新規レコードを作成するテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル

説明

CREATE RECORDは、tableに対して新しい空のレコードを作成しますが、このレコードは表示されません。データ入力のために新しいレコードを作成して表示するにはADD RECORDを使用します。

CREATE RECORDは、レコードデータの割り当てをプログラミング言語で実行する場合に、ADD RECORDの代わりに使用します。新しく作成されたレコードはカレントレコードとなりますが、カレントセレクションは変わりません。

新しいレコードは、テーブルに対するSAVE RECORDコマンドを実行するまではメモリ上にのみ存在します。新しいカレントレコードが保存される前に (検索等によって) 変更されると、そのレコードは失われます。

例題

以下の例は、30日以上経過したデータをアーカイブします。これはアーカイブ用のテーブルに新しいレコードを作成することで行っています。アーカイブが終了すると、対象のレコードを[Accounts]テーブルから削除します:

      ` 30日経過したレコードを検索 
   QUERY ([Accounts]; [Accounts]Entered < (Current date - 30)) 
   For ($vlRecord;1; Records in selection([Accounts]))  ` レコードごとにループ 
      CREATE RECORD ([Archive])  ` 新しいアーカイブレコードを作成 
         [Archive]Number:=[Account]Number  ` アーカイブレコードにフィールドをコピー 
         [Archive]Entered:=[Account]Entered 
         [Archive]Amount:=[Account]Amount 
      SAVE RECORD([Archive])  ` アーカイブレコードを保存 
      NEXT RECORD([Accounts])  ` 次のaccountレコードをカレントレコードにする 
   End for 
   DELETE SELECTION([Accounts])  ` accountレコードを削除

参照

ADD RECORD, MODIFY RECORD, SAVE RECORD.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次