APPLY TO SELECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


APPLY TO SELECTION (aTable; statement)

引数説明
aTableテーブルステートメントを適用するテーブル
statementステートメント1行のコードで記述されたメソッド

説明

APPLY TO SELECTIONは、aTableのカレントセレクションに対してstatementを適用します。statementは1行のステートメントまたはメソッドのどちらでも構いません。statementaTableのレコードを修正した場合、そのレコードをディスクに保存されます、レコードを修正しない場合には保存しません。カレントセレクションが空の場合、APPLY TO SELECTIONは何も行いません。リレーションが自動であれば、statementはリレート先のテーブルのフィールドを含むことができます。

APPLY TO SELECTIONは、カレントセレクションの情報 (例えば合計等) を求めるため、あるいはセレクション中のレコードを修正するため (例えばフィールドの頭文字を大文字に変える等) に使用します。このコマンドをトランザクション内で使用されている場合、トランザクション処理が取り消されると、すべての変更は無効とされます。

4D Server: statementに渡されるコマンドはサーバでは実行されません。セレクションの各レコードは修正のためローカルのワークステーションに送り返されます。

APPLY TO SELECTIONを実行している間、処理の進捗を表すサーモメータが表示されます。APPLY TO SELECTIONを呼び出す前に、MESSAGES OFFを使用してサーモメータの表示を取り消すことができます。サーモメータが表示されると、ユーザは処理をキャンセルすることができます。

例題

1. 以下の例題はテーブル [Employees] 中のカレントセレクションのレコードを大文字に変更します:

   APPLY TO SELECTION([Employees];[Employees]Last Name:=Uppercase([Employees]Last Name))

2. APPLY TO SELECTION実行中にレコードを修正して、そのレコードがロックされていると、更新は保存されません。ロックされたレコードはLockedSetと呼ばれるセットに格納されます。APPLY TO SELECTION実行後、LockedSetをテストしてロックされたレコードがなかったか確認します。以下のループはすべてのレコードが更新されるまで処理を実行します:

   Repeat 
      APPLY TO SELECTION([Employees];[Employees]Last Name:=Uppercase([Employees]Last Name)) 
      USE SET ("LockedSet")  ` ロックされたレコードのみを選択
   Until (Records in set ("LockedSet") = 0)  ` ロックされたレコードがなくなれば終了

3. この例題ではメソッドを使用します:

   ALL RECORDS ([Employees])
   APPLY TO SELECTION([Employees];M_Cap) 

システム変数またはセット

ユーザが進捗サーモメータの停止ボタンをクリックすると、OKシステム変数に0が設定されます。そうでなければ1が設定されます。

参照

EDIT FORMULA, セット.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次