CREATE SUBRECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


CREATE SUBRECORD (subtable)

引数説明
subtableサブテーブル新しいサブレコードを作成するためのサブテーブル

互換性に関するメモ: バージョン11以降の4Dはサブテーブルをサポートしていません。互換性メカニズムは、変換されたデータベースでコマンドの機能を保護しますが、すべてのサブテーブルをリレートする標準的なテーブルに取り換えることを強くお勧めします。

説明

CREATE SUBRECORDは、subtable用の新しいサブレコードを作成し、その新しいサブレコードをカレントサブレコードにします。その親のレコードが保存された時のみ、新しいサブレコードは保存されます。親のレコードはSAVE RECORDなどのコマンドやユーザがレコードを受け入れることによって保存されます。カレントレコードがない場合、CREATE SUBRECORDはその効力を発揮しません。サブレコード入力フォームを通じて新しいサブレコードを追加するには、ADD SUBRECORDを使用します。

例題

ボタンのオブジェクトメソッドを以下の例に表します。このメソッドが実行された場合( ボタンがクリックされた時) 、[People] テーブルにある子どものレコードにサブレコードを作成します。ユーザは、Repeatループで子どもを追加できます。キャンセルボタンをクリックすると中止します。サブフォームにある子どもがフォームで表示されますが、入力可オプションがチェックされていないので、直接サブテーブルにデータを入力することはできません。

   Repeat
         ` Get the child’s name 
      vChild := Request("Name (終了したらキャンセル) :")
         `ユーザがOKをクリックすると
      If (OK = 1)  
            `子どもの新しいサブレコードを追加します 
         CREATE SUBRECORD([People]Children)
            `サブフィールドへ子どもの名前を割り当る
               [People]Children'Name:=vChild 
      End if 
   Until (OK=0)

参照

ADD SUBRECORD, DELETE SUBRECORD, MODIFY SUBRECORD, SAVE RECORD.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次