APPLY TO SUBSELECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


APPLY TO SUBSELECTION (subtable; statement)

引数説明
subtableサブテーブルフォーミュラを適用するサブテーブル
statementステートメントコードまたはメソッド

互換性に関するメモ: バージョン11以降の4Dはサブテーブルをサポートしていません。互換性メカニズムは、変換されたデータベースでコマンドの機能を保護しますが、すべてのサブテーブルをリレートする標準的なテーブルに取り換えることを強くお勧めします。

説明

APPLY TO SUBSELECTIONは、statementsubtableのカレントサブセレクションにある各サブレコードに適用します。statementはステートメント、またはメソッドのいづれかです。statementがサブレコードを修正する場合、親のレコードが書き込まれたときのみ、修正されたサブレコードはディスクに書き込まれます。サブセレクションが空の場合、APPLY TO SUBSELECTIONは機能しません。

APPLY TO SUBSELECTIONを使用して、サブセレクションから情報を収集したり、サブセレクションを修正したりすることができます。

例題

[People]Childrenで名前を大文字にします。

   ALL SUBRECORDS ([People]Children) 
   APPLY TO SUBSELECTION([People]Children;[People]Children'Name:=
                              Uppercase(Substring([People]Children'Name;1;1))
                              +Lowercase(Substring([People]Children'Name;2)))

参照

ALL SUBRECORDS, EDIT FORMULA, QUERY SUBRECORDS, SAVE RECORD.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次