LOAD VARIABLES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


LOAD VARIABLES (document; variable{; variable2; ...; variableN})

引数説明
document文字列4D変数を保存したドキュメント
variable変数値を受け取る変数

説明

LOAD VARIABLES コマンドは、document によって指定されたドキュメントから1つまたはいくつかの変数を読み込みます。そのドキュメントはSAVE VARIABLES コマンドで作成されたものでなくてはなりません。

変数 variable 、variable2...variableN が作成されます。これらの変数が既に存在する場合、上書きされます。

document に空の文字列を指定した場合、標準的なファイルを開くダイアログボックスが表示されます。ここで、ユーザは開くドキュメントを選択することができます。ドキュメントが選択されると、4Dシステム変数 Document にドキュメント名が入ります。

コンパイルされたデータベースでは、すべての変数はディスクから読み込まれた変数と同じタイプでなくてはなりません。

警告: このコマンドは、配列変数をサポートしません。新しく導入されたBLOBコマンドを使用してください。

例題

以下の例題を使用して、UserPrefsという名前のドキュメントから3つの変数を読み込みます。

   LOAD VARIABLES ("User Prefs";vsName;vlCode;vgIconpicture)

システム変数またはセット

変数が適切に読み込まれると、OK システム変数に1が代入されます。その他の場合は、0が代入されます。

参照

BLOB TO DOCUMENT, BLOB TO VARIABLE, DOCUMENT TO BLOB, RECEIVE VARIABLE, VARIABLE TO BLOB.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次