Records in selection

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Records in selection {(table)} 数値

引数説明
tableテーブルカレントセレクション数を返すテーブル
省略時、デフォルトテーブル
戻り値数値カレントセレクションのレコード数

説明

Records in selectionは、tableのカレントセレクションのレコード数を返します。一方、Records in tableはテーブルの全レコード数を返します。

例題

以下の例は、カレントセレクションのすべてのレコード間を移動するのによく使用されるループ処理です。同じ動作はAPPLY TO SELECTIONコマンドで行うこともできます:

   FIRST RECORD ([People])   ` セレクションの最初のレコードから開始 
   For ($vlRecord; 1; Records in selection ([People]))   ` レコード毎にループ 
      Do Something   ` レコードに処理を行う
      NEXT RECORD ([People])   ` 次のレコードに移動
   End for

参照

Records in table.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次