Undefined

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


Undefined (variable) ブール

引数説明
variable変数テストする変数
戻り値ブールTrue = 変数は現在未定義である
False = 変数は現在定義されている

説明

variable が定義されていない場合、 Undefined コマンドはTrueを返します。variable が定義されている場合、Falseを返します。変数が定義されるのは、コンパイラ命令で変数が作成された場合や値が変数に代入された場合です。その他の場合は定義されません。

データベースがコンパイルされると、Undefined 関数はすべての変数に対してFalseを返します。

例題

以下の例は、アプリケーションの特定モジュール用のメニュー項目が選択されたときに、プロセスの作成を管理します。プロセスが既に存在する場合、そのプロセスを前面に配置し、存在しない場合には、プロセスを開始します。このため、アプリケーションのモジュールごとにインタープロセス変数<>PID_... を保持します。このインタープロセス変数は、On Startup データベースメソッドで初期化されます。

データベースの開発を実行する際、モジュールを新しく追加します。On Startup データベースメソッドを修正する (対応する<>PID_... の初期化を追加するため) 代りに、データベースを再度開いてモジュールを追加するたびにすべてを再度初期化します。新規モジュールの追加を管理するには、Undefined コマンドを使用します。

` M_ADD_CUSTOMERS グローバルメソッド

   If (Undefined(<>PID_ADD_CUSTOMERS)) `このコードは開発の中盤で管理を実行する
      C_LONGINT(<>PID_ADD_CUSTOMERS)
      <>PID_ADD_CUSTOMERS:=0
   End if 

   If (<>PID_ADD_CUSTOMERS=0)
      <>PID_ADD_CUSTOMERS:=New process("P_ADD_CUSTOMERS";64*1024;"P_ADD_CUSTOMERS")
   Else 
      SHOW PROCESS(<>PID_ADD_CUSTOMERS)
      BRING TO FRONT(<>PID_ADD_CUSTOMERS)
   End if
      `Note: P_ADD_CUSTOMERS プロセスマスターメソッドは、<>PID_ADD_CUSTOMERS を終了時に0にセットする

参照

CLEAR VARIABLE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次