EXPORT SYLK

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


EXPORT SYLK ({aTable; }document)

引数説明
aTableテーブルデータを書き出すテーブル, または
省略した場合, デフォルトテーブル
document文字列データが書き出されるSYLKドキュメント

説明

EXPORT SYLK コマンドは、カレントプロセスにおけるaTableのカレントセレクションのレコードをディスクに書き出します。このデータはdocumentに書き込まれます。documentは、WindowsまたはMacintoshの標準的なSYLK形式のドキュメントです。

データの書き出し処理は、カレント出力フォームを介して実行します。このデータ書き出し処理は、出力フォーム上のフィールドや変数をその入力順序に従って書き出します。このため、書き出したいフィールドと入力可能オブジェクトのみを含んだ出力フォームを使用する必要があります。書き出し用のフォームにボタンやその他関係ないオブジェクトを配置しないでください。サブフォームオブジェクトは無視されます。

書き出されるレコードごとに、On Loadイベントがフォームメソッドに送られます。このイベントを利用して、書き出し用フォームで使用する変数を設定します。

document引数には、新規または既存のドキュメントファイルを指定することができます。documentが既存のドキュメントファイルと同じ名前の場合には、そのドキュメントファイルは上書きされます。また、documentにはボリューム名やフォルダ名等のパスを含めることもできます。空の文字列を渡すと、標準のファイルを保存ダイアログボックスが表示されます。ユーザがこのダイアログボックスをキャンセルすると、データ書き出し処理は中止され、システム変数OKには0がセットされます。

データの書き出し処理中には進捗インジケータが表示されます。インジケータの中止ボタンをクリックすると、処理を中断します。書き出しが正常に完了すると、システム変数OKに1がセットされ、エラーが発生、または処理が中断された場合には0がセットされます。インジケータを表示したくない場合には、MESSAGES OFFコマンドを使用してください。

Unicodeモード (標準モード) では、コマンドはデフォルトでUTF-8文字セットを使用します。USE CHARACTER SET コマンドを使用してこの文字セットを変更できます。

ASCII互換モードでは、事前にUSE CHARACTER SETコマンドを使用しない限り、エクスポート処理はプラットフォームのデフォルトASCIIマップを使用して行われます。

EXPORT SYLKを使用する際、デフォルトのフィールド区切り文字はタブ文字 (コード 9) です。デフォルトのレコード区切り文字はキャリッジリターン (コード 13) です。これらの値は2つのシステム変数FldDelimitRecDelimit に新しい値を代入して変更できます。ユーザはこれらのデフォルト値をデザインモードの書き出しダイアログで変更できます。テキストフィールドにはタブやキャリッジリターンを含めることができるので、これらの値を区切り文字として使用する際は注意が必要です。

例題

以下の例は、データをSYLKドキュメントファイルに書き出します。まず、メソッドの最初で書き出しに使用する出力フォームを設定し、次にデータ書き出しを実行します:

   OUTPUT FORM([People];"Export")
   EXPORT SYLK([People];"NewPeople.slk") ` "NewPeople.slk" ドキュメントに書き出しを行う

参照

EXPORT DIF, EXPORT TEXT, IMPORT SYLK, USE CHARACTER SET.

システム変数とセット

書き出し処理が正常に終了するとシステム変数OKに1が、それ以外の場合には0がセットされます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次