Char

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


Char (charCode) 文字列

引数説明
charCode数値文字コード
戻り値文字列文字コードによって表現された文字

説明

Char コマンド は文字コードがcharCodeである文字を返します。

・データベースがUnicodeモード(4Dのバージョン11以降で作成されたデータベースのデフォルトモード) で動作する場合、charCodeにUTF-16値(1から65535の間) を渡さなければなりません。

・データベースがASCII互換モードで動作する場合、charCodeにASCIIコード(0から255の間) を渡さなければなりません。

4Dで文字列を使用する際の異なるモードについては、ASCII コードの節を参照してください。

Tip: メソッド作成時、Char関数は通常キーボードから入力できない文字や、メソッドエディタでは編集コマンドとして解釈される文字を指定するために使用します。

重要: ASCII互換モードでは、すべてのテキスト値、フィールド、および変数はMacintosh上でもWindows上でもMacOSでエンコードされており、他のASCIIマップでの変換はされていません。詳細については、ASCII コードの節を参照してください。

例題

以下の例は、変数にキャリッジリターンを代入するためにChar関数を使用し、警告を表示します。

   ALERT("Employees: "+String(Records in table([Employees]))+Char(Carriage return)+"Press OK to continue.")

参照

ASCII コード, Character code, Unicode コード, 文字参照記号.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次