Level

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Level 数値

引数説明
このコマンドには、引数はありません。
戻り値数値カレントのブレークまはたヘッダのレベル

説明

Levelは、現在のブレークまたはヘッダのレベルを調べるために使用します。この関数は、On HeaderおよびOn Printing Breakイベント中でレベル数を返します。

レベル0は、印刷される最後のレベルで、総合計を印刷するのに適しています。Levelは、最初のソートフィールドのブレークを印刷するときに1を返し、2番目ソートフィールドでブレークを印刷するときに2を返します。

例題

以下の例はフォームメソッドのテンプレートです。集計レポートでフォームが出力フォームとして使用される際に、発生する可能性のあるイベントをすべて示しています。ヘッダやブレークがプリントされるときにLevelが呼び出されます:

      ` 集計レポートの出力フォームメソッド
   $vpFormTable:=Current form table
   Case of
         ` ...
      : (Form event=On Header)
            ` ヘッダエリアが印刷されようとしいる
         Case of
            : (Before selection($vpFormTable->))
               ` 最初のヘッダブレークのコード
            : (Level = 1)
               ` Level 1のヘッダブレークコード
            : (Level = 2)
               ` Level 2のヘッダブレークコード
               ` ...
         End case
      : (Form event=On Printing Details)
            ` レコードが印刷されようとしいる
            ` 各レコード毎のコード
      : (Form event=On Printing Break)
            ` ブレークエリアが印刷されようとしいる
         Case of
            : (Level = 0)
               ` ブレークLevel 0のコード
            : (Level = 1)
               ` ブレークLevel 1のコード
               ` ...
         End case
      : (Form event=On Printing Footer)
         If(End selection($vpFormTable->))
            ` 最後のフッタのコード
         Else
            ` フッタのコード
         End if      
   End case

参照

ACCUMULATE, BREAK LEVEL, Form event, PRINT SELECTION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次