Date

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Date (dateString) 日付

引数説明
dateString文字列日付を表す文字列
戻り値日付日付

説明

Date コマンドは、dateString を解釈し、日付を返します。

dateString 引数は日付フォーマットの通常のルールに従わなければなりません。

日本語バージョンの4Dでは、日付はYY/MM/DD (年, 月, 日) の順です。月と日は1あるいは2桁の数字です。年は2あるいは4桁の数字です。年が2桁の場合、SET DEFAULT CENTURYコマンドでデフォルトを変更しない限り、Dateは19または20を年の先頭に追加します。有効な日付区切り文字は以下のとおりです: スラッシュ (/), スペース, ピリオド (.), コンマ (,)。

DatedateStringが有効な日付 ("94/13/35"など) が渡されたかどうか検証しません。Date は無効な日付を返します。ただし、dateStringが日付として解釈できない場合 (例えば"94/aa/12")、ヌルの日付 (!00/00/00!) が返されます。

dateStringが有効な日付であることを検証するのは開発者の責任です。

例題

1. 以下の例題はリクエストダイアログを使用して、ユーザに日付の入力を要求します。ユーザが入力した文字列は日付に変換され、reqDate変数に格納されます:

   reqDate:=Date(Request ("日付を入力しください:";String(Current date)))
   If (OK=1)
      ` reqDate変数に格納された日付に処理を行う
   End if

2. 以下の例題は文字列 "94/12/20"を日付にして返します:

   vdDate:=Date("94/12/20")

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次