DISPLAY RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


DISPLAY RECORD {(table)}

引数説明
tableテーブルカレントレコードを表示するテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル

説明

DISPLAY RECORDコマンドは、カレント入力フォームを使って、tableのカレントレコードを表示します。レコードはイベントがウィンドウを更新するまでのみ表示されます。このイベントとは、ADD RECORDを実行する、または入力フォームへ戻る、メニューバーに戻ることです。DISPLAY RECORDは、カレントレコードが存在しない場合には何も行いません。

DISPLAY RECORDは、しばしばオリジナルの進捗メッセージを表示するために使用されます。また、自動スライドショーを作成するために使用されることもあります。

フォームメソッドが存在する場合は、On Loadイベントが生成されます。

警告: DISPLAY RECORDをWeb接続プロセスから呼び出さないでください。このコマンドは、Webブラウザクライアントマシン上ではなく、4D Webサーバマシン上で実行されるためです。

例題

以下の例は一連のレコードをスライドショーとして表示します:

   ALL RECORDS([Demo])  ` レコードを選択
   INPUT FORM ([Demo]; "Display")  ` 表示に使用するフォームを選択 
   For ($vlRecord;1;Records in selection([Demo]))  ` レコード数だけループ
      DISPLAY RECORD([Demo])  ` レコードを表示 
      DELAY PROCESS (Current process; 180)  ` 3秒間一時停止
      NEXT RECORD([Demo])  ` 次のレコードをカレントレコードにする 
   End for

参照

MESSAGE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次