ORDER SUBRECORDS BY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


ORDER SUBRECORDS BY (subtable; subfield{; > | <}{; subfield2; >2 | <2; ...; subfieldN; >N | <N})

引数説明
subtableサブテーブル選択されたサブレコードを並べるためのサブテーブル
subfieldサブフィールド各レベルごとにサブフィールドで並べる
> | <各レベルに方向を指示し、
> 昇順で並べ替え、または
< 降順で並べ替え

互換性に関するメモ: バージョン11以降の4Dはサブテーブルをサポートしていません。互換性メカニズムは、変換されたデータベースでコマンドの機能を保護しますが、すべてのサブテーブルをリレートする標準的なテーブルに取り替えることを強くお勧めします。

説明

ORDER SUBRECORDS BYは、subtableのカレントサブセレクションをソートします。カレントの親レコードに属するサブテーブルのサブセレクションのみをソートします。

引数directionは、subfieldを昇順または降順でソートするかを指定します。direction が"大なり" 記号 (>) の場合、サブレコードの並べ替えは昇順となります。directionが"小なり" 記号 (<) の場合、サブレコードの並べ替えは降順となります。

複数のサブフィールドと並び替え方向を定義して、ソートのレベルを1つ以上指定できます。

ソートが完了すると、ソートされたサブセレクションの最初のサブレコードは、カレントサブレコードになります。サブレコードのソートは一時的な処理です。ソートされた順番でサブレコードを格納すことはありません。カレントレコード、または上位レベルのサブレコードが存在しない場合、ORDER SUBRECORDS BYは機能しません。

フォームがサブフォームを含み、そのサブフォームが固定のフレームで印刷される場合は、親フォームのフォームメソッドのBeforeフェーズで印刷を実行する前に、一度、このコマンドを呼ぶ必要があります。

例題

以下の例を使用して、SalesDollarsサブフィールドを基に、[Stats]Salesサブテーブルを昇順に並べ替えます。

   ORDER SUBRECORDS BY ([Stats]Sales; [Stats]Sales'Dollars; >)

参照

QUERY SUBRECORDS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次