ALL SUBRECORDS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


ALL SUBRECORDS (subtable)

引数説明
subtableSubtableすべてのサブレコードを選択するサブテーブル

互換性に関するメモ: バージョン11以降の4Dはサブテーブルをサポートしていません。互換性メカニズムは、変換されたデータベースでコマンドの機能を保護しますが、すべてのサブテーブルをリレートする標準的なテーブルに取り換えることを強くお勧めします。

説明

ALL SUBRECORDSsubtableのすべてのサブレコードをカレントサブセレクションにします。現在の親レコードが存在しない場合、ALL SUBRECORDSは機能しません。最初に親のレコードがロードされると、サブセレクションはすべてのサブレコードを格納します。ADD SUBRECORDQUERY SUBRECORDS、またはDELETE SUBRECORDを実行すると、サブセレクションはすべてのサブレコードを格納しないこともあります。

例題

以下の例で、すべてのサブレコードを選択し、それらを確実に合計に取り入れます。 

   ALL SUBRECORDS ([Stats]Sales) 
   TotalSales := Sum ([Stats]Sales'Dollars)

参照

QUERY SUBRECORDS, Records in subselection.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次