Day number

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Day number (aDate) 数値

引数説明
aDate日付曜日に対応する数値を得る日付
戻り値数値曜日を示す数値

説明

Day number コマンドは、aDateに対応するの曜日を数値で返します。

Note: Day number は日付がヌルの時、2 を返します。

4Dは "Days and Months" テーマで以下の定義済み定数を提供します:

定数
Sunday倍長整数 1
Monday倍長整数 2
Tuesday倍長整数 3
Wednesday倍長整数 4
Thursday倍長整数 5
Friday倍長整数 6
Saturday倍長整数 7

Note: Day number は1から7までの値を返します。日付から日を取り出すには、Day ofコマンドを使用します。

例題

以下の関数は、現在の曜日文字列を返します。:

   $viDay := Day number (Current date)  ` $viDay には現在の曜日を示す番号が代入される
    Case of 
      : ($viDay = 1) 
      $0 := "Sunday" 
      : ($viDay = 2) 
      $0 := "Monday" 
      : ($viDay = 3) 
      $0 := "Tuesday" 
      : ($viDay = 4) 
      $0 := "Wednesday" 
      : ($viDay = 5) 
      $0 := "Thursday" 
      : ($viDay = 6) 
      $0 := "Friday" 
      : ($viDay = 7) 
      $0 := "Saturday" 
   End case 

参照

Day of.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次