INTERSECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


INTERSECTION (set1; set2; resultSet)

引数説明
set1文字列最初のセット
set2文字列2番目のセット
resultSet文字列結果のセット

説明

INTERSECTIONコマンドは、set1set2を比較し、set1set2の両方に存在するレコードだけを選択します。下表に、INTERSECTIONコマンドの処理で考えられるすべての組み合わせを示します。

Set1 Set2 Result Set
Yes No No
Yes Yes Yes
No Yes No
No No No

以下の図に、集合交差演算の処理結果を図で示します。塗りつぶした部分が結果のセットです。

resultSetは、INTERSECTIONコマンドで作成されます。 resultSetと同じ名前のセット (set1とset2も含めて) が既に存在する場合はresultSetに置き換わります。set1とset2は同じテーブルに属していなければなりません。resultSetもset1とset2と同じテーブルに属します。

4D Server: クライアント/サーバモードにおいて、セットはタイプ (インタープロセス、プロセスおよびローカル) およびそれらがどこで作成されたか (サーバまたはクライアント) によって、アクセス可能かどうかが決定されます。INTERSECTIONでは3つのセットが同じマシン上でアクセスできる必要があります。詳細は4D Server Referenceマニュアルの4D Server, セットと命名セレクションに関する説明を参照してください。

例題

以下の例は、“Joe”と“Abby”という2人の販売担当者が重複して担当する顧客を検索します。販売担当者は、各自の顧客を表すセット“Joe”と“Abby”を持っています。

   INTERSECTION ("Joe"; "Abby"; "Both")  ` 両方の顧客のセットを作成する 
   USE SET ("Both")  ` セットを使う
   CLEAR SET ("Both")  ` セットを消去、ただし他は残す
   DISPLAY SELECTION ([Customers])  ` 両方が担当する顧客を表示

参照

DIFFERENCE, UNION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次