DISABLE MENU ITEM

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


DISABLE MENU ITEM (menu; menuItem{; process})

引数説明
menu数値 | MenuRefメニュー番号またはメニュー参照
menuItem数値メニュー項目番号 または
-1: 最後に追加された項目
process数値プロセス参照番号

説明

DISABLE MENU ITEM コマンドは、menu引数にメニュー番号またはメニュー参照で指定したメニュー中、menuItem引数にメニュー項目番号で指定したメニュー項目を選択不可にします。menuItemに-1を渡すと、menuに最後に追加された項目を指定します。

オプション引数processを省略すると、DISABLE MENU ITEMコマンドはカレントプロセスのメニューバーに適用されます。processを指定した場合は、processに渡されたプロセス参照番号のプロセスのメニューに適用されます。

menuItem 引数が階層サブメニューを指す場合、このメニューのすべての項目とサブメニューが選択不可になります。このコマンドはCreate menu コマンドを使用して作成され、SET MENU BAR コマンドでインストールされたメニューバーにも使用できます。

Note: menuMenuRefを渡した場合、process 引数は意味を持たず、無視されます。

Tip: 一度にすべての項目の選択可/不可を切り替えるには、menuItemに0を渡します。

参照

ENABLE MENU ITEM.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次