Request

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0 (Modified)


Request (message{; defaultResponse{; OKButtonTitle{; CancelButtonTitle}}}) 文字列

引数説明
message文字列リクエストダイアログボックスに表示するメッセージ
defaultResponse文字列テキスト入力エリアにデフォルトで表示するデータ
OKButtonTitle文字列OKボタンのタイトル
CancelButtonTitle文字列キャンセルボタンのタイトル
戻り値文字列ユーザが入力した値

説明

Request コマンドは、メッセージ、テキスト入力エリア、OKボタン、キャンセルボタンで構成されるリクエストダイアログボックスを表示します。

message引数には表示するメッセージを渡します。このメッセージは最大255バイトまで指定可能ですが、表示されるメッセージがメッセージエリアに表示しきれない場合は、文字の幅にもよりますが途中で切り取られます。

デフォルトでは、OKボタンのタイトルは“OK”で、キャンセルボタンのタイトルは"キャンセル"です。これらのボタンタイトルを変更するには、オプションのOKButtonTitleCancelButtonTitle引数に新しいカスタムボタンタイトルを指定します。必要であれば、渡したカスタムタイトルの幅に応じて、ボタンの幅を左方向にリサイズします。

OKボタンはデフォルトボタンです。ユーザがOKボタンをクリックするかEnterキーを押してダイアログを受け入れると、OKシステム変数が1に設定されます。ユーザがキャンセルボタンをクリックしてダイアログをキャンセルすると、OKシステム変数は0に設定されます。

ユーザはテキスト入力エリアにテキストを入力できます。デフォルトの値を指定するには、defaultResponse引数にデフォルトのテキストを渡します。ユーザがOKをクリックすると、Requestはその文字列を返します。ユーザがキャンセルをクリックすると、Requestは空の文字列 ("") を返します。返される値が数値または日付のいずれかでなければならない場合は、Requestが返した文字列に対してNumDateを使用して正しいデータタイプに変換します。

Tip: フォームあるいはオブジェクトメソッド中で、On ActivateOn Deactivateを処理するセクションからRequestコマンドを呼ばないでください。これは永久ループを引き起こします。

Tip: ユーザから複数の情報を得なければならない場合、Requestダイアログボックスを何度も表示するのではなく、そのためのフォームを作成してDIALOGでそれを表示します。

例題

1. このコードは:

   $vsPrompt:= Request ("Please enter your name:")

以下のようなリクエストダイアログボックスを表示します:

2. このコードは:

   vsPrompt:= Request ("Name of the Employee:";"";"Create Record";"Cancel")
   If (OK=1)
      ADD RECORD ([Employees])
         ` Note: vsPrompt is then copied into the field [Employees]Last name
         ` during the On Load event in the form method
   End if

以下のようなリクエストダイアログボックスを表示します:

3. このコードは:

   $vdPrompt:= Date (Request ("Enter the new date:";String (Current date)))

以下のようなリクエストダイアログボックスを表示します:

参照

ALERT, CONFIRM.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次