PUSH RECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


PUSH RECORD {(table)}

引数説明
tableテーブルレコードをプッシュするテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル

説明

PUSH RECORDは、tableのカレントレコード (それに付随するサブレコードも含めて) を、そのテーブルのレコードスタックにプッシュします。PUSH RECORDは、レコードがディスクに保存される前でも実行することができます。

変更可能 (アンロックされた) なレコ−ドをプッシュした場合、ポップしてアンロ−ドするまで、そのレコ−ドはすべてのユ−ザやプロセスに対して変更不可 (ロック) のままです。

例題

以下の例は、[Customer]テーブルのレコードをレコードスタックにプッシュします:

   PUSH RECORD ([Customer])  ` 顧客レコードをスタックにプッシュする

参照

POP RECORD, レコードスタックの使用.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次