Current time

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Current time {(*)} 時間

引数説明
*サーバの時刻を返す
戻り値時間現在の時刻

説明

Current time コマンドは、システムクロックの現在の時刻を返します。

現在の時刻は常に00:00:00から23:59:59の間です。StringまたはTime stringを使用して、Current timeから返される時間式の文字列を得ることができます。

4D Server: この関数を実行する際に、リモートモードの4Dでアスタリスク (*) 引数を使用すると、サーバの現在時刻が返されます。

例題

1. 以下の例題は、処理時間を計測する方法を紹介しています。ここでは、LongOperationメソッドの実行にかかる時間を計っています:

   $vhStartTime:=Current time  ` 開始時刻を保存 
   LongOperation  ` 処理を実行 
   ALERT ("処理時間: "+String(Current time-$vhStartTime))  ` 処理時間を表示

2. 以下の例題は現在時刻から時間、分、秒を取り出します:

   $vhNow:=Current time
   ALERT("Current hour is: "+String($vhNow\3600))
   ALERT("Current minute is: "+String(($vhNow\60)%60))
   ALERT("Current second is: "+String($vhNow%60))

参照

Milliseconds, String, Tickcount, 時間演算子.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次