QR REPORT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


QR REPORT ({aTable; }document{; hierarchical{; wizard{; search}}}{; *})

引数説明
aTableテーブルレポートを作成するテーブル、省略時はデフォルトテーブル
document文字列ロードするクイックレポートドキュメント
hierarchicalブールTrue = リレートするnテーブルを表示
Falseまたは省略 = 表示しない (デフォルト)
wizardブールTrue = ウィザード・ボタンを表示
Falseまたは省略 = 表示しない (デフォルト)
searchブールTrue = 検索ツールとマスターテーブル選択を表示する
Falseまたは省略 = 表示しない (デフォルト)
**プリントダイアログボックスを表示しない

説明

QR REPORTは、次に示すクイックレポートエディタを用いて作成された、aTableのレポートを印刷します。

クイックレポートエディタを使用すると、ユーザは独自のレポートを作成することができます。「クイックレポート」エディタを用いたレポートの作成に関する詳細は、4D Design Referenceマニュアルを参照してください。

Notes:

aTableが“非表示”に定義されている場合、エディタは表示されません。

QR REPORTコマンドによって表示されたクイックレポートエディタには、リレーションの自動とマニュアルを切り替えるすべてのリレートを自動にするチェックボックスがありません。デベロッパは、SET AUTOMATIC RELATIONSおよびSET FIELD RELATIONコマンドを使用して、リレートの状態を制御することができます。

document引数には、クイックレポートエディタを用いて作成され、ディスク上に保存されたレポートドキュメントを渡します。このドキュメントにはレポートに関する仕様が納められ、印刷されるレコードは含みません。

documentに空の文字列 ("") が指定されると、QR REPORTはファイルを開くダイアログボックスを表示し、ユーザは印刷するレポートを選択することができます。

document引数にドキュメントが指定され、そのドキュメントが存在しない場合(例えばdocumentChar(1)を指定)、クイックレポートエディタが表示されます。

hierarchical引数には、フィールド選択リストにnテーブルを表示するかどうかを指定します。デフォルトでこの値はFalse (nテーブルを表示しない) に設定されています。

wizard引数には、クイックレポートエディタ上にウィザードを開くボタンを表示するかどうかを指定し、結果としてウィザードへのアクセスを許可または禁止します。デフォルトでこの値はFalse (ウィザードへのアクセス不可) に設定されます。

search引数には、クイックレポートエディタ上に新規クエリボタンとマスターテーブルドロップダウンメニューを表示するかどうかを指定し、結果としてカレントテーブルとカレントマスターテーブルの変更を許可または禁止します。デフォルトでこの値はFalse (検索ツールやマスターテーブルへアクセス不可) に設定されます。

引数 * を指定しない場合、レポートの選択後に印刷ダイアログが表示されます。この引数を指定すると、これらのダイアログボックスは表示されず、レポートが印刷されます。

クイックレポートエディタが起動されない場合、レポートが印刷されるとシステム変数OKには1が、印刷されない場合 (つまり、ユーザが印刷ダイアログでキャンセルをクリックした場合) には0が代入されます。

4D Server: このコマンドは、ストアドプロシージャのコンテキストで、4D Server上で実行することができます。この場合次の制約があります:

・サーバマシン上にはダイアログボックスを一切表示しないでください(特定の必要性がある場合を除く)。これを実現するには、コマンドを呼び出す際に、引数 * を指定する必要があります。

・4D Serverでは、レポートエディタを表示させる構文は動作しません。これを行った場合、システム変数OKは0に設定されます。

・プリンタ関連の問題が発生しても(用紙切れ、プリンタ接続切断など)、エラーメッセージは生成されません。

例題

1. 次の例では、ユーザが[People]テーブルを検索した後に、“Detailed Listing”というレポートが自動的に印刷されます:

   QUERY ([People])
   If (OK=1)
      QR REPORT ([People];"Detailed Listing";False;False;False;*)
   End if

2. 次の例題では、ユーザは[People]テーブルを検索した後に、印刷するレポートを選択することができます:

   QUERY ([People])
   If (OK=1)
      QR REPORT ([People];"";False;False;False)
   End if

3. 次の例題では、ユーザが[People]テーブルを検索した後にクイックレポートエディタが表示され、レポートの設計、保存、ロード、印刷を行うことができます:

   QUERY ([People])
   If (OK=1)
      QR REPORT ([People];Char(1);False;True)
   End if

4. SET FIELD RELATION コマンドの例題参照

参照

PRINT LABEL, PRINT SELECTION, SET ALLOWED METHODS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次