Before selection

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Before selection {(table)} ブール

引数説明
tableテーブルレコードポインタがセレクションの先頭より前に
あるかをテストするテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル
戻り値ブールYes (TRUE) または No (FALSE)

説明

Before selectionは、カレントレコードポインタがtableのカレントセレクションの前にある場合はTRUEを返します。Before selectionは、一般にPREVIOUS RECORDにより、カレントレコードポインタが先頭レコードの前に移動したかどうかを調べるために使用します。カレントセレクションが空の場合、Before selectionはTRUEを返します。

カレントレコードポインタをセレクションに内に戻すには、LAST RECORDFIRST RECORDGOTO SELECTED RECORDを使用します。NEXT RECORDではポインタはセレクション内に戻りません。

PRINT SELECTIONまたはプリント...メニューを選択してレポートを印刷する場合も、Before selectionは最初のヘッダでTRUEを返します。以下のステートメントを使用して最初のヘッダを判定し、先頭ページに特殊なヘッダを印刷することができます:

      ` レポート印刷に使用される出力フォームのメソッド
   $vpFormTable:=Current form table
   Case of
         ` ...
      : (Form event=On Header)
            ` ヘッダエリアが印刷されようとしいる
         Case of
            : (Before selection($vpFormTable->))
               ` 最初のブレークヘッダ用のコード
               ` ...
         End case
   End case

例題

以下の例はレポートの印刷中に使用します。変数vTitleを設定し、先頭ページのヘッダエリアに印刷します:

      ` [Finances];"Summary" フォームメソッド
   Case of
         ` ...
      : (Form event=On Header)
         Case of
            : (Before selection([Finances))
               vTitle := "Corporate Report 1997"  ` 1ページめのタイトル
            Else
               vTitle := ""  ` 他のページではタイトルを印刷しない
         End case
   End case

参照

End selection, FIRST RECORD, Form event, PREVIOUS RECORD, PRINT SELECTION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次