ADD SUBRECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


ADD SUBRECORD (subtable; form{; *})

引数説明
subtableサブテーブルデータ入力に使用するサブテーブル
form文字列データ入力に使用するフォーム
*スクロールバーを隠す

互換性に関する注意: バージョン11の4Dより、サブテーブルはサポートされていません。変換されたデータベースでは、互換メカニズムによりこのコマンドの機能が確保されています。しかし、サブテーブルを標準のリレートテーブルに置き換えることを強くお勧めします。

説明

ADD SUBRECORDコマンドは、formを使用して、subtableに新しいサブレコードをユーザが追加することを可能にします。ADD SUBRECORDはメモリ上に新しいサブレコードを作成し、それをカレントサブレコードとし、そしてformを表示します。親テーブルのカレントレコードは必ず存在しなければなりません。プロセスにカレント親レコードが存在しない場合、ADD SUBRECORDは何も行いません。フォームは、必ずsubtableに属さなければなりません。

ユーザが保存ボタンをクリック、またはテンキー上の“enter”キーを押す、またはACCEPTコマンドが実行されると、サブレコードはメモリに保持されます。サブレコードの追加後、このサブレコードを保存するためには、親レコードを明示的に保存しなければなりません。

サブレコードは、ユーザがキャンセルボタンがクリック、またはキャンセルキーコンビネーション (WindowsではCtrl-ピリオド、Mac OSではCommand-ピリオド) を押す、またはCANCELコマンドが実行された場合、サブレコードは保存されません。

ADD SUBRECORDの呼び出し後、システム変数OKにはサブレコードが受け入れられると1が、キャンセルされると0が設定されます。

フォームはプロセスの最前面のウインドウに表示されます。ウインドウには、スクロールバーとサイズボックスがあります。オプションの * 引数を指定すると、スクロールバーやサイズボックスのないウインドウを描画します。

例題

以下の例はメソッドの一部です。これは従業員レコードに新しい子どもサブレコードを追加します。子どものデータは、[Employees]Childrenサブテーブルに格納されます。サブレコードを保存するには、[Employees]レコードを保存する必要があるという点に注意してください:

   ADD SUBRECORD([Employees]Children;"Add Child") 
   If (OK=1)   ` ユーザがサブレコードを受け入れたら 
      SAVE RECORD ([Employees])   ` 従業員レコードを保存する 
   End if

参照

ACCEPT, CANCEL, CREATE SUBRECORD, DELETE SUBRECORD, MODIFY SUBRECORD, SAVE RECORD.

システム変数またはセット

サブレコードを受け入れるとOKシステム変数が1に設定されます。キャンセルするとOKシステム変数が0に設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次