MODIFY SUBRECORD

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


MODIFY SUBRECORD (subtable; form{; *})

引数説明
subtableサブテーブルデータを登録するサブテーブル
formデータ入力に使用するフォーム
*スクロールバーを隠す

互換性に関する注意: バージョン11の4Dより、サブテーブルはサポートされていません。変換されたデータベースでは、互換メカニズムによりこのコマンドの機能が確保されています。しかし、サブテーブルを標準のリレートテーブルに置き換えることを強くお勧めします。

説明

MODIFY SUBRECORD コマンドは、formを使用して、修正するsubtableのカレントサブレコードを表示します。フォームは必ずsubtableに属していなければなりません。

親テーブルのカレントレコードは必ず存在していなけれればなりません。プロセスにカレント親レコードが存在しない場合、MODIFY SUBRECORDコマンドは何も行いません。さらに、カレントサブレコードが存在しない場合にも、MODIFY SUBRECORDコマンドは何も行いません。

サブレコードの修正後、このサブレコードを保存するためには、親レコードを保存しなければなりません。

MODIFY SUBRECORDコマンドの実行後、システム変数OKにはサブレコードの変更が受け入れられると1が、キャンセルされると0が代入されます。

フォームはこのプロセスの最前面のウインドウに表示されます。ウインドウには、スクロールバーとサイズボックスがあります。オプションの * 引数を指定すると、スクロールバーやサイズボックスのないウインドウを表示します。

参照

ACCEPT, ADD SUBRECORD, CANCEL, SAVE RECORD.

システム変数またはセット

レコードが受け入れられた場合、システム変数OKに1を代入します。キャンセルされた場合は、システム変数OKに0を代入します。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次