MODIFY SELECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


MODIFY SELECTION ({table}{; selectMode}{; enterList}{; *}{; *})

引数説明
tableテーブル表示および更新を行うテーブル, または
省略時、デフォルトテーブル
selectMode倍長整数選択モード
enterListブールリスト入力を許可するオプション
*1レコードセレクションの場合にも出力フォームを使用し、
入力フォームのスクロールバーを隠す
*入力フォームでスクロールバーを表示する
(最初の*の2番目のオプションを上書きする)

説明

MODIFY SELECTIONは、DISPLAY SELECTIONとほぼ同じ機能を提供します。詳細についてはDISPLAY SELECTIONの説明を参照してください。2つのコマンドの違いを以下にあげます:

1. DISPLAY SELECTIONMODIFY SELECTIONはカレントレコードセレクションをリストモードで表示し、ユーザがレコードをダブルクリックすると、そのレコードは入力フォーム上に表示されます。MODIFY SELECTIONを使用した場合は、別のプロセスやユーザ、またはリスト更新可モード (許可されている場合) でレコードが既に使用されていなければ、ダブルクリックしてそのレコードを修正することができます。

2. DISPLAY SELECTIONはカレントプロセスでレコードを読み込み専用でロードします。つまり、レコードは他のプロセスに対しロックされません。MODIFY SELECTIONはカレントプロセスでテーブルが読み書きに設定されているばあい、レコードを読み書き状態でロードします。つまり他のプロセスがレコードをロックしていなければ、そのレコードはこのプロセス用に他のプロセスに対しロックされます。MODIFY SELECTION実行が終了後、レコードは解放されます。

参照

DISPLAY SELECTION, Form event, セット.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次