GOTO AREA

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


GOTO AREA ({*; }object)

引数説明
**指定した場合 = objectはオブジェクト名 (文字列)
省略した場合 = object はフィールドまたは変数参照
objectフィールド | 変数オブジェクト名 (* を指定した場合) または
フィールドまたは変数 (* を省略した場合)

説明

GOTO AREA コマンドは、フォームのアクティブエリアとしてデータ入力オブジェクトobject を選択するために使用します。これはユーザがフィールドや変数をクリックしたりタブでフォーカスを移動したりするのと同じです。

オプションの * 引数を渡した場合、文字列でオブジェクト名を object に渡します。オプションの * 引数を省略した場合、object にはフィールドまたは変数渡します。この場合文字列ではなく、フィールまたは変数参照を渡します。オブジェクト名に関する詳細はオブジェクトプロパティの節を参照してください。

カレントのフォームのオブジェクトからフォーカスを外すには、このコマンドに空のオブジェクト名を渡します (例題 2参照)。

Note: このコマンドは入力フォームでのみ有効です。リストフォーム上のデータ入力エリアには効果ありません。

例題

1. GOTO AREA コマンドは以下のように使用します:

   GOTO AREA ([People]Name)   ` フィールド参照
   GOTO AREA (*;"AgeArea")   ` オブジェクト名

2. フォーカスを外す:

   GOTO AREA (*;"") 

3. REJECTコマンドの例題参照

参照

REJECT.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次