GET HIGHLIGHT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


GET HIGHLIGHT (area; startSel; endSel)

引数説明
areaフィールド | 変数入力可能なフィールドまたは変数
startSel数値反転表示された先頭位置
endSel数値反転表示された最終位置

説明

GET HIGHLIGHT コマンドは、現在反転表示されているテキストを検出するために使用します。

警告: 入力可能フィールドまたは変数の名前をGET HIGHLIGHT コマンドに対して渡しても、このコマンドは、現在編集中のエリアに適応された場合のみ、選択位置を返します。

Note: このコマンドをサブフォームのリストフォーム内にあるフィールドに対して使用することはできません。

テキストは、ユーザによる指定や HIGHLIGHT TEXT コマンドの実行で反転させることができます。

引数 startSel は反転表示された文字の最初の位置を返します。

引数 endSel は反転表示された文字の最後の位置に1を加えて返します。

startSelendSel が同じである場合、挿入ポインタはstartSel によって指定された文字の前にあります。テキストは選択されておらず、文字は反転されていません。

例題

1. 以下の例題を使用して、フィールド [Products]Comments から反転表示された部分を検出します。

   GET HIGHLIGHT ([Products]Comments;vFirst;vLast)
   If (vFirst<vLast)
      ALERT("The selected text is: "+Substring([Products]Comments;vFirst;vLast-vFirst))
   End if

2. FILTER KEYSTROKE コマンドの例題を参照してください。

参照

FILTER KEYSTROKE, HIGHLIGHT TEXT, Keystroke.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次