INSERT IN ARRAY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


INSERT IN ARRAY (array; where{; howMany})

引数説明
array配列配列名
where数値要素を挿入する位置
howMany数値挿入する要素数, または
省略時は1

説明

INSERT IN ARRAYコマンドは、arrayに1つまたは複数の要素を挿入します。引数whereで指定した要素の前に新しい要素を挿入します。新しく挿入された要素には、配列タイプに応じた空の値が代入されます。whereより後ろの要素は、howManyで指定した数だけ後ろに移動します。

whereが配列サイズより大きい場合、要素は配列の最後に追加されます。

引数howManyは挿入する要素の数を指定します。howManyを省略すると、1つの要素が挿入されます。配列サイズは、howManyだけ大きくなります。

例題

1. 以下の例は、配列の10番目の要素位置に新しい5つの要素を挿入します:

   INSERT ELEMENT(anArray;10;5)

2. 以下の例は、配列に要素を追加します:

   $vlElem:=Size of array(anArray)+1
   INSERT ELEMENTT (anArray;$vlElem)
   anArray{$vlElem}:=...

参照

DELETE FROM ARRAY, Size of array.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次