Insert string

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Insert string (source; what; where) 文字列

引数説明
source文字列文字列を挿入する文字列
what文字列挿入する文字列
where数値挿入する位置

戻り値 文字列 結果の文字列

説明

Insert stringは、sourceに文字列を挿入したものを返します。Insert stringは、whereで指定された位置の前に、whatを挿入します。

whatが空の文字列("") であれば、Insert string関数はsourceを変更しないで返します。

whereが、sourceの長さよりも大きい場合は、whatsourceの後ろに追加します。whereが1よりも小さい場合には、whatsourceの前に挿入します。

Insert stringは、文字を上書きしないで挿入するという点がChange stringとは異なります。

例題

Insert string関数の使用例を次に示します。結果を変数vtResultに代入します。

   vtResult := Insert string ("The tree"; " green"; 4)  ` vtResultは"The green tree" 
   vtResult := Insert string ("Shut"; "o"; 3)  ` vtResultは"Shout" 
   vtResult := Insert string ("Indention"; "ta"; 6)  ` vtResultは"Indentation"

参照

Change string, Delete string, Replace string.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次