Change string

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Change string (source; newChars; where) 文字列

引数説明
source文字列元の文字列
newChars文字列新しい文字
where数値入れ替え開始位置
戻り値文字列結果の文字列

説明

Change stringは、sourceの中の文字グループを修正したものを返します。whereで指定された位置から、newCharssourceを上書きします。

newCharsが空の文字列("")の場合、Change stringsourceを変更しないで返します。Change stringは常にsourceと同じ長さの文字列を返します。wheresourceの長さ以下の場合やsourceの長さ以上の場合、Change string関数はsourceを返します。

Change string関数は、文字を挿入しないで上書きするという点がInsert string関数と異なります。

例題

Change stringの使用例を次に示します。結果を変数vtResultに代入します。

   vtResult := Change string ("Acme"; "CME"; 2)  ` vtResultは"ACME" 
   vtResult := Change string ("November";"Dec"; 1)  ` vtResultは"December"

参照

Delete string, Insert string, Replace string.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次