Record number

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Record number {(aTable)} 数値

引数説明
aTableテーブルカレントレコードの番号を返すテーブル
省略時、デフォルトテーブル
戻り値数値カレントレコード番号

説明

Record numberは、aTableのカレントレコードの物理レコード番号を返します。レコードポインタがカレントセレクションの前後にある場合等、カレントレコードがない場合、Record numberは-1を返します。カレントレコードが保存されていない新しいレコードの場合、Record numberは-3を返します。

レコード番号は変わることがあります。削除されたレコードのレコード番号は、再利用されます。データベースを圧縮してもレコード番号は変更されます。

4D Server: このコマンドは、On Validateフォームイベントにおいては、4Dローカルモードと4Dリモートモードで異なる値を返します。ローカルモードではレコード番号 (レコードは既に作成されていると扱われるため) を返します。リモートモードでは-3を返します。なぜならば、レコードは4D Server上に作成されていますが、クライアントにこの情報はまだ通知されていないためです。

Note: レコードが作成中であるかをテストする目的では、Is new record コマンドの利用をお勧めします。

例題

以下の例は、カレントレコードのレコード番号を変数に格納し、他に同じデータを持つレコードがないかを検索します:

   $RecNum:=Record number([People])  ` レコード番号を取得
   QUERY ([People]; [People]Last = [People]Last) ` 同じLast名を持つレコードを検索
      ` 検索件数を表示
   ALERT ("There are "+String (Records in selection([People])+" with that name.")
   GOTO RECORD ([People]; $RecNum)  ` 元のレコードに戻る 

参照

GOTO RECORD, Is new record, Selected record number, Sequence number, レコード番号について.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次