Table

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Table (tableNum | aPtr) ポインタ | 数値

引数説明
tableNum | aPtr数値 | ポインタテーブル番号、または
テーブルポインタ、または
フィールドポインタ
戻り値ポインタ | 数値テーブル番号を渡した場合テーブルポインタ
テーブルポインタを渡した場合テーブル番号
フィールドポインタを渡した場合テーブル番号

説明

Tableコマンドには、3つの形式があります。

tableNumにテーブル番号を渡した場合は、テーブルポインタを返します。

aPtrにテーブルポインタを渡した場合は、テーブル番号を返します。

aPtrにフィールドポインタを渡した場合は、テーブル番号を返します。

例題

1. 以下の例は変数tablePtrに3番目のテーブルに対するポインタを代入します。

   TablePtr:=Table(3)

2. 変数tablePtr( 3番目のテーブルのポインタ) を使用すると、Table関数は数値の3を返しま

す。以下の例を実行すると変数TableNumに3を代入します。

   TableNum:=Table(TablePtr)

3. 以下の例は変数tableNumにテーブル[Table3]のテーブル番号を代入します。

   TableNum:=Table(->[Table3])

4. 以下の例は変数tableNumにフィールド[Table3]Field1の属するテーブルのテーブル番号を代入します。

   TableNum:=Table (->[Table3]Field1)

参照

Field, Get last table number, Table name, ポインタ.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次