Create document

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


Create document (document{; fileType}) DocRef

引数説明
document文字列ドキュメント名、または
完全なドキュメントのパス名、または
標準ファイルダイアログボックスの空の文字列
fileType文字列スクリーンされるドキュメントタイプのリスト、または
ドキュメントをスクリーンしない場合 "*"
戻り値DocRefドキュメント参照番号

説明

Create documentコマンドは新しいドキュメントを作成し、ドキュメント参照番号を返します。

documentには新しいドキュメントの名前、または完全なパス名を渡します。documentが既にディスクに存在する場合、それは上書きされます。しかしdocument がロックされていたり既に開いている場合は、エラーが生成されます。

documentに空の文字列を渡すと、別名で保存ダイアログボックスが表示され、作成したいドキュメントの名前を入力できます。ダイアログをキャンセルした場合ドキュメントは作成されません。Create documentはヌルDocRefを返し、OK変数に0を代入します。

ドキュメントが正しく作成されそのドキュメントが開かれると、Create document はそのドキュメント参照番号を返し、OK変数に1を代入します。システム変数Documentが更新され、作成したドキュメントの完全なアクセスパスを返します。

別名で保存ダイアログボックスを使用してもしなくても、Create document は、.TXT (Windows) または TEXT (Macintosh) ドキュメントをデフォルトで作成します。他のタイプのドキュメントを作成したい場合、引数fileTypeを渡します。

引数fileTypeには、開いているダイアログボックスで選択できるファイルのタイプを渡します。 ; (セミコロン) で区別される幾つかのタイプのリストを渡すこともできます。それぞれのタイプセットに対して、ダイアログボックスでタイプを選ぶために使用されるメニューにアイテムが追加されます。

Mac OSでは、標準的なMac OSタイプ(TEXT、APPLなど)、またはUTI (Uniformタイプ識別子) タイプのいずれかを渡します。ファイルタイプの標準化のニーズを満たすために、UTIはAppleによって定義されます。例えば、"public.text" は、テキストタイプファイルのUTIタイプになります。UTIについての詳細は、以下のアドレスを参照してください。 http://developer.apple.com/documentation/Carbon/Conceptual/understanding_utis/index.html.

Windowsでは、標準的なMac OSファイルタイプやファイル拡張子 (.txt、.exeなど) を渡します。Windowsでは、ダイアログボックスに*.* を入力して全てのファイルタイプを表示させることができます。しかしこの場合、4Dは選択されたファイルタイプの追加チェックを実行します。認められていないファイルタイプを選択すると、コマンドはエラーを返します。

表示されているファイルを1つ以上のタイプに制限したくない場合、文字列"*" (アスタリスク) または".*" を fileTypeに渡します。

Windowsでは、Windowsのファイル拡張子を渡すか、MAP FILE TYPESメカニズムを通してマップされたMacintoshのファイルタイプを渡します。拡張子のないドキュメントや、複数の拡張子を含むドキュメント、そして3文字以上から成る拡張子を含むドキュメントを作成したい場合、引数type を使用せずに、完全な名前をdocument渡します(例2を参照) 。

ドキュメントを作成してドキュメントを開くと、SEND PACKETRECEIVE PACKETコマンドを使用してドキュメントを読んだり書いたりできます。これらのコマンドにGet document positionSET DOCUMENT POSITIONコマンドを組み合わせることができます。これにより、ドキュメントのあらゆる箇所に直接アクセスすることが可能となります。

ドキュメントに対して、最後にCLOSE DOCUMENT を呼び出すことを忘れないでください。

例題

1. 次の例を使用して、Noteと呼ばれる新しいドキュメントを作成して開きます。文字列"Hello" をそこへ書き込み、ドキュメントを閉じます。

   C_TIME(vhDoc) 
   vhDoc:=Create document ("Note.txt")  `Noteと呼ばれる新しいドキュメントを作成します。 
   If (OK=1) 
      SEND PACKET(vhDoc; "Hello")  `ドキュメントで1つの単語を書き込みます。 
      CLOSE DOCUMENT(vhDoc)  `ドキュメントを閉じます。 
   End if

2. 次の例を使用して、Windowsで非標準拡張子を付けてドキュメントを作成します。

   $vtMyDoc:=Create document("Doc.ext1.ext2") `複数の拡張子
   $vtMyDoc:=Create document("Doc.shtml") `長い拡張子
   $vtMyDoc:=Create document("Doc.") `拡張子なし (ピリオド "." は必須)

システム変数またはセット

ドキュメントが正しく作成されると、システム変数OKに1が代入されます。システム変数Documentは、完全なパス名とdocumentの名前を格納します。

参照

Append document, Open document.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次