SET COLOR

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


SET COLOR ({*; }object; color{; altColor})

引数説明
*指定時, Objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, Objectはフィールドまたは変数
objectフィールドまたは変数オブジェクト名 (* 指定時), または
フィールドまたは変数 (* 省略時)
color数値オブジェクトの新しいカラー
altColor数値リストボックスの奇数行カラー

説明

SET COLOR コマンドは、objectで指定されたフォームオブジェクトの描画色と背景色を設定します。objectがリストボックスである場合は、追加の引数を使用して奇数行の描画色と背景色を設定します。

オプションの * 引数を指定した場合、objectはオブジェクト名です (文字列) 。オプションの * 引数を省略すると、objectはフィールドまたは変数です。この場合、文字列ではなくフィールドまたは変数参照 (フィールドまたは変数のみ) を指定します。オブジェクト名に関する詳細はオブジェクトプロパティの節を参照してください。

altColorを使用し、リストボックスやリストボックスの列の奇数行に色を指定することができます。この引数を渡すと、color引数は偶数行にのみ適用されます。奇数行背景色を使用すると、リストが読みやすくなります。

objectがリストボックスオブジェクトを指す場合、奇数行背景色はリストボックス全体に適用されます。objectが列を指す場合、その列のみがカラー設定を使用します。

color (およびaltColor) は、文字色と背景色を設定します。カラーは以下の計算式で求められます:

color:=-(文字色+(256 * 背景色))

文字色と背景色はカラーパレット内のカラー番号 (0から255まで) です。color は常に負の数値です。例えば文字色が20で、背景色が10の場合、colorは - (20 + (256 * 10)) つまり-2580となります。

Note: フォームエディタのプロパティリストウィンドウでカラーパレットを見ることができます。

一般的に使用されるカラーの番号は“Colors”テーマにある次の定義済み定数により提供されています:

定数
White倍長整数0
Yellow倍長整数1
Orange倍長整数2
Red倍長整数3
Purple倍長整数4
Dark Blue倍長整数5
Blue倍長整数6
Light Blue倍長整数7
Green倍長整数8
Dark Green倍長整数9
Dark Brown倍長整数10
Dark Grey倍長整数11
Light Grey倍長整数12
Brown倍長整数13
Grey倍長整数14
Black倍長整数15

Note: SET COLORはデフォルト4Dカラーパレットのインデックス化されたカラーを使用し、コマンド SET RGB COLORSはRGBカラーを使用します。オブジェクトの自動カラーを再設定するにはSET RGB COLORS コマンドでDefault foreground colorDefault background color 定数を使用します。

例題

以下の例はテキストエリアのカラーを設定します:

以下のコードを実行すると:

   SET COLOR (*;"Mytext"; - (Yellow + (256 * Red)))

... エリアは以下のように表示されます:


参照

SET RGB COLORS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次