Focus object

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


Focus object ポインタ

引数説明
このコマンドには、引数はありません。
戻り値ポインタフォーカスを持つオブジェクトへのポインタ

説明

Focus object はカレントフォーム中でフォーカスを持つオブジェクトへのポインタを返します。フォーカスを持つオブジェクトがない場合、コマンドはNilを返します。Focus objectを使用して、どのオブジェクトが現在選択されているかを知る必要なく、フォームエリア上でアクションを実行できます。アクションを実行する前にTypeコマンドを使用して、オブジェクトが正しいデータ型かを確認してください。

Note: Focus objectがリストボックスで使用された場合、コマンドはコンテキストに応じてリストボックスまたはリストボックスの列へのポインタを返します。詳細はリストボックスオブジェクトの管理の節を参照してください。

このコマンドはサブフォーム中のフィールドで使用することはできません。

Note: このコマンドはデータ入力のコンテキストのみで使用できます。そうでなければエラーが返されます。

例題

以下の例題はボタンのオブジェクトメソッドです。このオブジェクトメソッドはカレントのオブジェクトのデータを大文字に変更します。オブジェクトのデータ型はテキストまたは文字列でなければなりません (タイプ 0 または 24):

   $vp := Focus object  ` 現在のエリアのポインタを取得
   Case of
      : (Nil($pointer))  ` オブジェクトにフォーカスがない
         ...
      : ((Type ($vp->) = Is Alpha Field) | (Type($vp->) = Is Text))  ` 文字列フィールドまたはキストなら
      $vp-> := Uppercase ($vp->)  ` 大文字にする 
   End case

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次