ARRAY TO LIST

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3

互換性に関する注意

選択リストに関する新しい実装により、このコマンドの互換性が完全には保たれなくなっています。

さらにバージョン6からは、デザインモードのリストエディタで定義した階層リストを扱うには、SAVE LISTコマンドの使用をお勧めします。


ARRAY TO LIST (array; list{; itemRefs})

引数説明
array配列配列要素のコピー元配列
list文字列配列要素のコピー先リスト
itemRefs配列項目参照番号の数値配列

説明

ARRAY TO LISTコマンドは、配列arrayの要素を使用して、(デザインモードのリストエディタで定義される) listリストを作成または置き換えます。

このコマンドでは、リストの最初のレベルの項目(第1階層)だけを定義できます。

任意の引数itemRefsが渡される場合、この配列は数値配列で、array配列と同期していなければなりません。各要素は、arrayの対応する要素のリスト項目参照番号を表わします。この引数を省略した場合、4Dにより自動的に1、2...Nという項目参照番号が設定されます。

互換性に関する注意: 旧バージョンの4Dでは、この引数は、arrayの各要素に他のリストをリンクさせるために使用されました。links 配列の要素が既存のリストの名前である場合、対応するアイテムにそのリストがリンクされていました。

引き続きARRAY TO LISTコマンドを使い、配列の要素に基づくリストを作成できますが、このコマンドでは子アイテムを使っての作業を行えません。階層リストで作業する場合、バージョン6から導入された新しい階層リストコマンドをお使いください。

例題

以下の例は、配列atRegionsの要素から構成される“Regions”リストを作成します:

   ARRAY TO LIST (atRegions;"Regions")

参照

LIST TO ARRAY, Load list, ON ERR CALL, SAVE LIST.

Error Handling

An error -9957 is generated when ARRAY TO LIST is applied to a list that is currently being edited in the Design environment List Editor. You can catch this error using an ON ERR CALL project method.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次