PAGE SETUP

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


PAGE SETUP ({aTable; }form)

引数説明
aTableテーブルフォームの属するテーブル, または
省略した場合、デフォルトテーブル
form文字列ページ設定に使用するフォーム名

説明

PAGE SETUPは、プリンタの用紙設定を、formに格納された用紙設定に設定します。用紙設定はデザインモードでフォームが保存される時に、フォームとともに保存されます。

以下3つの条件のもとでは、印刷ダイアログボックスが表示されず、デフォルトの用紙設定でプリントが行われます:

・オプション引数 * を指定してPRINT SELECTIONコマンドを呼び出した場合

・オプション引数 * を指定してPRINT RECORDコマンドを呼び出した場合

PRINT SETTINGSコマンドを呼び出さずに、一連のPRINT FORMを呼び出した場合

この場合、PAGE SETUPコマンドを使用すると用紙設定ダイアログボックスを表示せずに、デフォルト以外の用紙設定を使用することができます。

例題

[Design Stuff]テーブルには複数の (空の) フォームが作成されています。フォーム“PS100”には縮尺率が100%の用紙設定が割り当てられています。またフォーム“PS90”には縮尺率が90%の用紙設定が割り当てられています。以下のプロジェクトメソッドにより、プリントの度に用紙設定ダイアログボックス (表示はされません) で縮尺率を指定しなくても、さまざまな縮尺率でテーブルのセレクションをプリントすることができます:

      ` AUTOMATIC SCALED PRINTING プロジェクトメソッド
      ` AUTOMATIC SCALED PRINTING ( Pointer ; String {; Long } )
      ` AUTOMATIC SCALED PRINTING ( ->[table]; "Output form" {; Scaling } )
   If (Count parameters>=3)
      PAGE SETUP([Design Stuff];"PS"+String($3))
      If (Count parameters>=2)
         OUTPUT FORM($1->;$2)
      End if
   End if
   If (Count parameters>=1)
      PRINT SELECTION($1->;*)
   Else
      PRINT SELECTION(*)
   End if

このプロジェクトメソッドを作成した後は、以下のように使用します:

      ` カレントのインボイスを検索
   QUERY ([Invoices];[Invoices]Paid=False)
      ` サマリレポートを90%縮尺で印刷
   AUTOMATIC SCALED PRINTING (->[Invoices];"Summary Report";90)
      ` サマリレポートを50%縮尺で印刷
   AUTOMATIC SCALED PRINTING (->[Invoices];"Detailed Report";50)

参照

Print form, PRINT RECORD, PRINT SELECTION, SET PRINT OPTION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次