Self

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


Self ポインタ

引数説明
このコマンドには、引数はありません。
戻り値ポインタメソッドが現在実行されているフォーム
オブジェクトへのポインタ
そうでない場合コンテキストの外側ではNil (->[])

説明

Self コマンドはオブジェクトメソッドが現在実行されているオブジェクトへのポインタを返します。

Self はオブジェクトメソッド自身内で変数を参照するために使用されます。コマンドはオブジェクトメソッド内で呼ばれるか、オブジェクトメソッドから直接あるいは間接に呼ばれたプロジェクトメソッド内で呼ばれた場合に、有効なポインタを返します。

Self が上記のコンテキスト以外で呼ばれた場合、Nilポインタ (->[]) が返されます。

Tip: Self は、フォーム上の複数のオブジェクトに同じ処理を実行させる場合に便利です。

Note: このコマンドがリストボックスのコンテキストで使用される場合、コマンドはそのコンテキストに応じリストボックスまたはリストボックスの列へのポインタを返します。詳細はリストボックスオブジェクトの管理の節を参照してください。

例題

RESOLVE POINTER コマンドの例を参照

参照

RESOLVE POINTER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次