OPEN DATA FILE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.8


OPEN DATA FILE (accessPath)

引数説明
accessPath文字列開くデータファイルの完全パス名

説明

OPEN DATA FILE コマンドは、4Dアプリケーションによって開かれたデータファイルをオンザフライで変更することを可能にします。

accessPath 引数には、開こうとするデータファイルの名前または完全なアクセスパスを渡します。ファイル名だけを渡す場合、データファイルはデータベースのストラクチャファイルと同じ階層に配置されていなければなりません。

アクセスパスが有効なデータファイルを指している場合、4Dは現在使用しているデータベースを終了し、指定されたデータファイルを使って再度開きます。On Exit データベースメソッドOn Startup データベースメソッドが続いて呼び出されます。

警告: このコマンドを使用すると、指定されたデータファイルで再びデータベースが開かれる前に、アプリケーションは一度終了します。このため、On Startup データベースメソッドや、このデータベースメソッドから呼び出されるメソッド内で、このコマンドを使用することはできません。

このコマンドは非同期的に実行されます。つまり、コマンド呼び出しの後、4Dはメソッドの残りの部分を続けて実行します。この後、アプリケーションはファイルメニューの終了コマンドが選択された場合と同様の処理を行います。表示されているダイアログボックスはキャンセルされ、実行中のプロセスは10秒間の猶予の後に打ち切られます。

処理を開始する前に、コマンドは指定されたデータファイルが有効かどうかを検証します。また、そのファイルが既に開かれている場合、コマンドはファイルが現在使用中のストラクチャファイルに対応するかどうかを確認します。

accessPathに空の文字列を渡した場合、このコマンドはデータファイルを変更せずにデータベースを再度開きます。

4D Server: このコマンドを4D Clientや4D Serverで実行することはできません。

参照

CREATE DATA FILE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次