BRING TO FRONT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


BRING TO FRONT (process)

引数説明
process数値最前面に移動させるプロセスのプロセス番号

説明

BRING TO FRONTprocessに属するすべてのウィンドウを最前面に配置します。ウィンドウの順序は変わりません。このプロセスが既に最前のプロセスの場合は、このコマンドは何も行いません。プロセスが非表示の場合に、SHOW PROCESSコマンドでプロセスを表示しないとBRING TO FRONTコマンドは効果がありません。

このコマンドを使用して、アプリケーションプロセスとデザインプロセスを最前面にすることができます。

例題

次の例は、メニューから実行できるプロジェクトメソッドです。これは、最前のプロセスが<>vlAddCust_PIDプロセスかどうかを調べています。そうでなければ、それを前面に配置します:

   If (Frontmost process#<>vlAddCust_PID)
      BRING TO FRONT (<>vlAddCust_PID)
   End if

参照

HIDE PROCESS, Process state, SHOW PROCESS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次